都内の永代供養墓を比較!

妙法寺(みょうほうじ)

世田谷区の「妙法寺」は四季折々の花が美しい

約350年の歴史を誇る世田谷区のお寺。世田谷通りからも見えるハイテク仏像「おおくら大仏」が有名です。

この「おおくら大仏」は可動式で、近寄ると参拝者の方を向いてくれるので嬉しくなります。

「妙法寺」は格式張っておらず、大勢の皆さまがお寺と結縁して下さることを目標とし、毎年参拝者が楽しめるように「お花まつり」などを開催。

「楽しい寺」として認知してもらえるように努めているお寺です。また、ボランティアでリサイクルバザーも実施し、物の再利用を推進することで、地球環境保持や福祉の推進の一翼を担っています。

24時間、年中無休で何時でもお参りが出来るのが「妙法寺」の魅力。

動物霊園も同じ敷地内にあり、供養などをしてもらえるので安心です。

また、しだれ桜や花菖蒲、蓮の花などが美しいお寺で、毎年多くの人が訪れます。

「寂しい場所よりも賑やかでアットホームな所が良いなぁ」という方におすすめです。

ポイント① 動物霊園もあり、供養から法要まで全てしてもらえる
ポイント② 24時間年中無休でいつでもお参り可能
ポイント③ 世田谷通りから大仏様が見えるので分かりやすい

動物霊園も同じエリアにあり供養から法要まで可能


「妙法寺」ではご供養・火葬・納骨・法要まで全て行える総合施設を完備。ペットを供養してもらえる動物霊園も敷地内にあります。

愛猫などの大切なペットが亡くなった際は「妙法寺」に連れて来れば手厚い供養をしてもらえるでしょう。

詳しい料金一覧が公式ホームページに載っていないのがネックですが、一連のシステムや料金についての説明を事前にしてもらえます。

動物用の納骨棚や仏殿も大切に管理されており、いつでもお参りに来られるのも嬉しいポイント。宗派も問いません。

お参りしやすい環境と負担の少ない料金体制


「妙法寺」は24時間、年中無休でお参りできるようになっています。「忙しくて夜しか行けない…」という方も気軽にお参りできるのが魅力です。

また、納骨堂の入り口まで車で来られますので、足腰が弱い方や車椅子の方もスムーズにお参りできます。

立派なお寺ですが料金は分かりやすく、基本的に年間管理費以外の負担はありません。納骨堂も2体遺骨で65万円のコースなら、お一人あたり30万円強ですので、ご夫婦や親子でのご利用にピッタリでしょう。

後継者などがおらず、将来無縁になるかもしれない場合も、手続きをしておけば、ずっと丁寧に供養してもらえます。

「おおくら大仏」が見えるので分かりやすい


「妙法寺」は小田急線の「成城学園駅」から南へ歩いて15分程度。世田谷通りから「おおくら大仏」が見えるので場所も分かりやすいです。

ちなみに「おおくら大仏」は夕方5時から翌朝9時までは世田谷通りの方を向き、交通安全や世界平和を祈念しているんですよ。

バスの場合は「成城学園駅」南口から渋谷行きに乗って「東宝前」停留所で降りれば徒歩2分程。
JR「渋谷駅」から成城学園行きに乗っても「東宝前」停留所に止まります。また、東急「二子玉川駅」より成城学園行きに乗り「東横小学校前」停留所で降りれば歩いて3分程です。

お車の場合は環八の「環八世田谷通り」交差点より7分程度。「妙法寺」には駐車場が50台分あります。

四季の花が美しい


3月中旬から4月初旬までは「しだれ桜」、5月は「サツキ」、6月初旬から6月中旬までは「花菖蒲」、7月下旬から8月上旬までは「蓮」、8月初旬から8月中旬までは「さぎ草」が美しいです。

石井戸稲荷大祭や花祭りなどの年中行事もありますし、「妙法寺」は訪れやすいお寺です。

周辺には学校やスーパー、病院や公園などもあって便利な場所。決して寂しくありませんので「墓地の静けさが怖い」という方も「妙法寺」なら大丈夫でしょう。