都内の永代供養墓を比較!

都内では永代供養と合葬式墓地、どっちがおすすめ?

    

永代供養と合葬式墓地どっちがオススメなのか

 

 

都内で永代供養にするか合葬墓地にするか迷った場合にはどちらの方がおすすめなのでしょうか。
どちらも似ているようでかなりその内容は異なるもの。
費用も大きく異なってきますが、ここではこうしたポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

 

永代供養と合葬墓地の違いとは?

永代供養と合葬墓地は似ているようで異なるものです。
どちらも集団的に墓を管理するということは同じですが、永代供養と合葬墓地では管理体制も異なってきます。
永代供養であれば管理も完全に寺社のスタッフに任せてしまうことができ、管理の手間がないことが利点です。
実際、一人っ子である場合には親の墓を管理するのもかなり大変なもの。
こうした場合にも永代供養墓地であれば負担が少なくて済むでしょう。
合葬墓地でも管理はしてくれることがありますが、合葬墓地によっては管理は全くしてくれないこともあります。
このため、なるべく墓地管理の手間を減らしたい際にはやはり永代供養の方が良いでしょう。
色々なサービスを利用したいという場合には永代供養の方が良いことも。
永代供養であれば○回忌などにおける手配などを任せられることもあります。
こうしたサービスはやはり合葬墓地だと貧弱になってきます。
また、費用面でも違いがあります。
親が他界すると葬儀の費用だけでかなり負担が増えますから、なるべく費用は抑えておきたいところです。
一般的にはやはり永代供養の方がコスト的には高いですが、合葬墓地であれば永代供養の半額以下でお願いできるなんてところもあります。
これも依頼する寺社によってもかなり異なってきます。
また、墓のグレードによっても大きく左右されますから、費用について考える際には総合的に考察しておく事が大事です。
特に都内であればやはり合葬墓地の方が費用的にはやはりおすすめでしょう。
都内はやはり墓スペースを確保するだけでかなり費用がかかりますが、合葬墓地にすることで余計な出費を抑えていくことができます。

規約にも注目すべし!

ちなみに、永代供養業者を選ぶ際には規約には注意しておきましょう。
「永代」と謳っていても実際には管理が永続されないようなこともあるのです。
特に寺社が倒産などでもしてしまうと管理を自分でしないといけなくなります。
こうしたこともあり、永代供養にする際には費用をムダにしないためにも業者選びはしっかりとしておきたいところです。
このように両者は色々な違いがあるものですが、迷ったらまずは永代供養墓地と合葬墓地をまずは見学にいってみるのも良いでしょう。
やはり両者の違いを確かめるには実際に見てみるのが一番です。
寺社によっては永代供養墓地と合葬墓地を併設しているところもありますから、こうしたところで見学してみると便利でしょう。
もしも埋葬する寺社が決まったら見積もりもしっかりと出してもらっておくと良いでしょう。
見積もりを出してもらえばどれくらい費用がかかるのかも具体的に解ってきます。
特に永代供養、合葬墓地のどちらであっても維持費がかかるということもありますが、こうした維持費はかなり負担になることもあります。
また、合葬墓地であっても供養なども管理も含めてしてくれるといったところもあります。
こうした合葬墓地であれば永代供養墓地と余り変わることなく墓を管理してもらえるでしょう。
逆に永代供養と謳っていても供養もお粗末で名ばかりなところもあります。
こうした違いもありますから、親の墓地を探す際にはじっくりと時間をかけて探しておくようにすると良いでしょう。
寺社もたくさんありますから、もしも親の墓選びでこまった際にはまずは資料請求だけでもしてみることも効果的です。